走るソムリエ♪♪♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 蔵王トレイル試走(第2エイドまで編)

<<   作成日時 : 2013/06/06 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月2日(日)3時40分起床。
1日留守中の食事3食分と自分の携帯おにぎりを5個作って、朝食を済ませ5時半に出発。
大会実行委員会の仲間3人と参加者1名で、蔵王トレイルランのコースをチェックに行きました。

遠刈田温泉エリアは濃霧。
霧雨の中スタート。
林道を走っている間はウェアが濡れるほどでした。
でも山の達人いわく、「上(稜線)は大丈夫だよ」とのこと。
いつもこの大会のために蔵王入りすると晴れに恵まれます。きっと今回も・・・。

林道を走り終え白石スキー場に着いたころはこんな感じ。
画像

センターハウスすら見えません。

第1エイドの場所確認とトイレなどチェック項目を済ませ、いよいよ入山。
秋の試走の際はちょっとコースを間違えて、ゲレンデを逆走してしまった私と晴れ男さん。
今回は達人の先頭のもと正しいコースを確認。

不忘の碑あたりまではガスがかかっていました。軽く食事タイム。
でも不忘山山頂では視界も広がりいよいよ楽しい稜線コース。
画像


素晴らしい雲海でした。
画像


南屏風、屏風と元気いっぱい幸せを感じながらの稜線快走!
行きの車の中でめずらしくネガティブ発言だった晴れ男さんもいつものテンションに。
この先からはまだ残雪が残り、青空と山と雪のコントラストが最高でした。
画像

山の達人が随所で楽しみ方を教えてくれるので、ただ走るだけではない冒険もたくさん!
動く大図鑑のようで、たくさんの花の名前も教えてもらいましたが(由来まで)、覚えているのは・・・。
ミネザクラが満開だったこと、ミツバオオレン、ショウジョウバカマ、チングルマ・・・。情けないですね。
一番気に入ったお花の名前を忘れました。

さて目指すは第2エイドの刈田リフト乗り場。
まだまだ楽しい稜線は続きます。
画像

指さしをしている後ろの山が今まで走った南屏風の稜線。
画像

雪解け水が多すぎて小川のようでしたので、やむなく迂回する部分も。
雪上トレーニングになりました。
意外とトレランシューズは滑るので、滑らない方法またはわざとスキーのようにして滑って楽しみました。

さあ刈田岳が見えてきましたよ。行く方向はいつもガスが取れかかり、到着するころには晴れ渡る幸運続き!
画像


エコーラインの出口で参加者の方はご都合により離団。
いよいよ実行委員3名での後半戦です。
第2エイドの確認、トイレと食事休憩。自販機もあるので安心です。
刈田リフトに乗る観光客を横目に、登りつづけます。
不忘山から1700〜1800m級をずっといるのでやや高地(ボルダーの町と同じ標高)。
鉄が十分でないと走り切るのは大変ですよ。

さあ御釜はどんな色をしているかな〜?
続きは後編で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蔵王トレイル試走(第2エイドまで編) 走るソムリエ♪♪♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる